Information

戻る

学長からのメッセージ

戻る

私達は、ヒューマンサービスの実現を目指しています。一緒に学びませんか。

学長 中村 丁次
学長 中村 丁次

本大学は、ヒューマンサービスの理念に基づき、質の高い保健?医療?福祉のため人材養成と研究、さらに現任者への教育の充実を目標にしています。ヒューマンサービスとは、解りやすく言うと、どのような人間であれ、誰も排除されることなく、一人ひとりが人格を持った大切な人として生かされ、生きがいを持ち、その人らしく生きられるように、人が、人らしく、他の人を支援していく理念を言います。

ヒューマンサービスの実現には、それぞれの専門領域が最大限の力を発揮すると同時に、お互いの壁を低くして保健?医療?福祉の連携と総合化をはかることが大切です。そのためには、人間としての高い倫理観、多様性を認め合える寛容の精神、人権意識を根底に持ち、深い洞察力と人の痛みや悲しみが受け止められる鋭い感性を備えた人材の育成が必要になります。

近年、科学は著しい進歩を遂げ、その恩恵により、私たちは便利で豊かな生活を謳歌することができるようになりました。しかし、科学の著しい進歩とそれに伴う専門分化は、人間に起こる種々の問題を部分的に解釈するようになり、人間を全体性の中で理解することが希薄になりました。各部分は、それぞれが正解でありながら、これらを組み合わせた全体が、適正に機能しないことが多くなったのです。人々の健康状態、価値観、さらに生活が多様化、複雑化した高齢社会において、この矛盾は徐々に拡大しつつあります。

21世紀初頭に、この大学は設立されました。人々が健康で、幸せに過ごすには、どうすればいいのか? 私達とともに知恵を出し合い、人間や社会について、看護、栄養、社会福祉、リハビリテーションの専門領域について、さらに、それぞれが手を組む意義や方法について、深く、広く学ぶための人生を始めませんか。

プロフィール

  • 徳島大学医学部栄養学科卒、医学博士(東京大学)
  • 聖マリアンナ医科大学病院を経て、平成15年から本学教授、平成23年から本学学長に就任
  • 公益社団法人日本栄養士会代表理事?会長、日本栄養学教育学会理事長、日本臨床栄養学会名誉会員、日本栄養?食糧学会参与、日本栄養改善学会名誉会員、日本臨床栄養代謝学会名誉会員、日本食育学会常務理事、消費者庁「特別用途食品制度に関する委員会」座長 等
前のページに戻る